pokkeのあるくらし

ハンドメイドと雑貨、時々ウサさん。
MENU

簡単おしゃれなランチマットの作り方

こんにちは^^。

昨日掲載しました給食マットの端処理の質問をいただきました。

ワタシは縫製のプロではありませんので正しい方法ではないかもしれませんが、ワタシなりにたくさんの枚数を
縫った経験上、もっともやり易い方法がありますので今日はご紹介いたします。
(くれぐれもご参考程度になさってくださいね^^:)

まずは昨日のブログのマットの端処理です。
IMG_0396_convert_20161027084049.jpg
昨日のマットの場合は生地自体がキャンバスやデニムと呼ばれるしっかりした布を使用しています。

そのため一枚でも厚みがあるので↑のように幅1.5cmの縫い代をつけて完全三つ折り(7、5㎜づつ2回折りまげる)
でぐるりと一周を縫っています。

IMG_0398_convert_20161027084113.jpg
四隅は斜めに折り曲げて縫っています。
この方法は簡単そうに見えますが生地の厚みが出るのでミシン操作に慣れた方か「しつけ」をしっかりされないと縫いズレの原因にもなってしまいます。

そこで、初心者さんや使用する生地が薄手のものでも作り易いマットの作り方をご紹介します。

IMG_0409_convert_20161027085109.jpg
一見手の込んでそうな2柄の配色マット。

作り方
①まずは作りたい大きさに縦横共にプラス2cmの縫い代をつけた同サイズの生地を2枚用意します。
IMG_0401_convert_20161027084856.jpg


②それぞれの生地を中表(柄の付いている方、もしくは表生地になる方同士を重なる)にして合わせます。
IMG_0402_convert_20161027084925.jpg
(それぞれ裏生地が外側に向いている状態ですね)


③横の長手になる方を上下1cmの縫い代で縫います。
IMG_0403_convert_20161027084954.jpg
縫ったところ。
(サンプルは茶色の糸で縫っています。皆様は生地と同色で縫ってくださいね)


④縫った縫い代を割って画像のように少しずらします。
IMG_0404_convert_20161027085015.jpg
(ずらし方はお好みです。)


⑤お好みのサイズにずらしたら縦方向に縫い代1cmつけて縫い合わせます。
IMG_0405_convert_20161027084358.jpg
まずは片方は全部縫ってしまって構いません。

もう片方は開き口を残します。
IMG_0407_convert_20161027084444.jpg
こんな感じ。


⑥この開き口から表に返します。
IMG_0408_convert_20161027085047.jpg
するとこんな感じで開き口のみ開いた状態になります。


⑦開き口を閉じるように1周ぐるりとステッチを入れて完成です^^。
IMG_0410_convert_20161027085128.jpg
ステッチを入れないで、開き口を手まつりで仕上げても構いません。

この方法のマットなら生地をずらしたことで2つの生地の配色の分量が変わるので表、裏とも使えて楽しめますよ。

家庭用ミシンでパワーのないタイプをご使用の方は生地を薄手の生地で作れば問題なく作れると思います。

お手持ちの生地の中で厚手、薄手を組み合わせても良いですし、楽しく配色してお作り下さい♩
尚、サイズを変えればコースターも作れますので是非お揃いで^^。


スポンサーサイト

2 Comments

ちゃらちゃん⭐ says..."ありがとうございます♪"
丁寧な解説+写真でわかりやすくありがとうございます((^o^))ァリガトォ♪
早速挑戦してみたいと思います!
一枚ものの、あの角の処理~。難しそうですね^^; そちらもちょっと興味津々だったりするぅ(笑)
まずは初心者向けから!ですね*\(^o^)/*
2016.10.27 22:54 | URL | #- [edit]
pokke says..."Re: ありがとうございます♪"
ちゃらちゃんさんへ

ご参考になりましたでしょうか?
いつも言っていますがパソコン操作が苦手な物でかなりアナログ的な記事でスミマセン‥。

2枚仕立てのマットはリバーシブルで使えますし、何より見栄えがします。
布山整理にも^^。
2016.10.28 07:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wonderpokke.blog.fc2.com/tb.php/1100-2681e9a3
該当の記事は見つかりませんでした。