pokkeのあるくらし

ハンドメイドと雑貨、時々ウサさん。
MENU

時短でデコっちゃおう♩

もうすぐ夏休みですね‥。
今年の春に新学期が始まって、と思ったらもうすぐ終業式です。
そして我が娘の学校は今日が1学期最後の保護者会です。
なんだかあっと言う間でした。

そのあとは長〜い夏休みが待っているのかと思うと‥(涙)。
今年は受験生も抱えているので本当に頭の痛いpokkeです^^:。

これから本格的に梅雨が明けたら暑い日差しとの戦いの日々。
そんな中、お家でできる時短ソーイング。

ソーイング。時間がかかってお金もかかる、ってイメージでしょうか?
確かにそれなりに材料費はかかりますが、ちょこっとでできて満足の仕上がりだったら?

ちょっと興味のある方に是非オススメなのが今日の作品。
IMG_3164_convert_20170711083439.jpg
市販の無地のTシャツにリバティのハギレをデコっています。

IMG_2462_convert_20170509083939.jpg
先日作ってお買い上げ頂いたチュニックブラウスです。

お買い上げくださった方よりオーダーで、2歳の息子さんとお揃いで何か作って欲しい、とのリクエストです。

男の子さんなので花柄満載のこの柄でシャツを作るとちょっとコテコテになるので、では一部アクセントに使うのは?
とご提案した結果、無印良品の癖のない白Tをお持ちいただきました。

IMG_3161_convert_20170711083347.jpg
ポケットを付けること以外はお任せ、でしたので今回は袖口に飾りタブを‥。

ソーイングに慣れている方はご存知だと思いますが、まだ不慣れな方のやってしまう失敗が素材感の違いです。

Tシャツは天竺というニット生地です。ニット生地は縦、横ともに引っ張ると伸縮します。
それに比べてリバティ生地は綿ローンという布帛生地です。(一部ニットのリバティもありますが‥。)
布帛生地は縦横ともにわずかにしか伸縮しません。
むしろ伸縮しない、と言って過言ではありません。

その二つの素材や性質の違う生地をドッキングさせるのにはちょっとしたコツがあります。

○まずは使う糸はレジロンなどの伸縮性のあるもの対応のミシン糸です。
 (針もニット用で)

○そして布帛の部分の面積をなるべく小さくとるデザインを考える。

二つ目はなぜかというと
胸部分あたりに大きくパッチワークなどをしてしまうと、実際の脱ぎ着で糸切れしてしまうからです。
Tシャツはもともと伸びる素材なので予め体にフィットしたサイズ設定でパターンが作られています。
でもそこに伸びない布帛で伸縮する部分を蓋してしまう、みたいな状態になってしまうんです。

脱ぎ着の妨げにならずに可愛く(かっこよく)デコるコツ、お判り方だけましたか?^^

IMG_3165_convert_20170711083510.jpg
男の子用なので花柄デザインを前面に出さずにママとお揃い感は残しました(‥つもりです^^:)。
ココナッツボタンもアクセントに。

IMG_3163_convert_20170711083406.jpg
今年の夏、たくさんお揃いを楽しまれてくださいね。

そして時短でできますのでおうちに眠っているハギレで是非やってみてはいかがですか?

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wonderpokke.blog.fc2.com/tb.php/1246-87c5e10b
該当の記事は見つかりませんでした。