pokkeのあるくらし

ハンドメイドと雑貨、時々ウサさん。
MENU

ニットソーイング

こんばんは、pokkeです^^。

さきほどニットソーイングについてのコメントをいただきまして、その件でこんなお話もさせていただこうかな。
‥と思い立っての更新です。
よくワタシ、ニットソーイングのお洋服をアップさせていただいています。
でも実はニットソーイングは全くの独学であり、プロではありません^^:。
なので作り方も本当に正解なのかは分かりません。
ただ基本の知識を使ってのソーイングという点では布帛もニットもそれほどの違いはないと思っています。

本格的なニットソーイングをなさっている方から見ると「それおかしいよ」と思われるかもしれません。
そんなワタシですが、ワタシなりのニットソーイングを楽しむ上でのオススメをご紹介します^^。

IMG_1493_convert_20140501230415.jpg
ワタシが6年前にロックミシンを購入したきっかけになった本です。

lalalaシリーズは何冊も出版されていますが、当時娘がまだ乳児の頃にニットのお洋服を着せたくて購入しました。
最初は家庭用ミシンでニットも縫っていたのですが、レジロン糸で縫うと脱ぎ着で糸切れが激しく、せっかく
作ってもすぐに裾が破れてしまって‥。

そんな時にロックミシンの存在を知り、まずは↑この本を購入し、ロックミシンの使い方を熟読。
IMG_1494_convert_20140501230505.jpg
こんな感じで使い方が写真入りで掲載されているんです。

それからネットでかなり検索してロックミシンを購入。
もちろんニットソーイングの可能な2本針4本糸のミシン。
機種は自動糸調子の出来るJUKIの糸取り物語。
エアスルー方式とかで糸掛けもラクな機種にしました。

ミシンが届いてからはひたすら本に掲載されているTシャツを縫う日々。
使い方は本に載っている使い方の写真と実物をにらめっこしながら‥(笑)。

最初の作品なんて真っすぐ縫えないし、糸は生地から外れてしまうし‥とヒドいものでした。
でもコドモふくなので少しくらい曲がっていても気にならないし、良い練習になりました。
練習台になった娘には申し訳ないけれど(笑)、ある程度上達してから自分服を縫うように‥^^:。

やっぱり新しい事に挑戦するって大変だと思います。
でも数をこなす事によって絶対に上達しますし、手も慣れてきます。
今のワタシの作品もあの頃に比べるとやっぱり上達しています。

あとは自分にとってつくりやすいパターンを作る事。
それは人によって「いいな」と思うものは違いますので一概にはコレとは言えませんが、
pokkeはRick Rackさんのパターンをオススメします。
IMG_1495_convert_20140501230539.jpg
こんな感じです。
こちらのパターンは仕様書がとにかく丁寧ですべての行程が写真入りです。
ロックミシンの使い方こそ書いてはいませんが、かなり細かな配慮のされている仕様書だと思います。

もしニットソーイングをしてみようかな‥と思われている方にオススメします。
分かり易いですよ♪

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wonderpokke.blog.fc2.com/tb.php/459-ffa45d3d
該当の記事は見つかりませんでした。