pokkeのあるくらし

ハンドメイドと雑貨、時々ウサさん。
MENU

30番糸の魅力♪

IMG_0327_convert_20151029085102.jpg
オカーサン、ナンカイイニオイスルヨ♪

昨日の時期外れの暑さから一変、今朝は肌寒い東京地方です。
こんな陽気のせいか今朝早くに出勤していった主人から「熱が出た」とメールが‥(汗)。
結構学校でも風邪が流行っています。
皆様は大丈夫ですか?
そういうpokkeも先日発熱しました。
皆様、これからはマスクをして手洗いうがい!‥ですね。

そうそう、マスクケース。
もうオーダーいただいています^^。
そろそろお店用にもつくらなきゃ‥。

さて、今日のハンドメイドは委託先CalmHeartさんのお客様からのオーダー品です。
IMG_0311_convert_20151029084345.jpg
もうおなじみのパターンですね。
amie pocheさんの「WORKエプロン」。

IMG_0312_convert_20151029084430.jpg
先日オーナーさんへのプレゼントとして色違いのモスグリーンを作りました。
それを着ていらした時にお越しくださったお客様が気に入られててのオーダーになりました^^。
とても有り難い事です❤

その時にちょうどワタシもソーイング教室でお店に居合わせたので直接お客様ともお話が出来ました。
オーダーの場合、直接お話出来ると細かい所までご要望をお聞きする事が出来て良いのです。
生地の色はワタシの手持ち色の中から黒デニムで、と決まったのですがそこからが細かい打ち合わせに‥。
「ステッチの色もお好みで選べますが‥。」

「ステッチの色‥ですか?」

そう、ステッチの色によって作品の印象って本当に変わると思います。
今回はお客様のリクエストで「カラシ色」に決まりました。
デニムや帆布のような厚手の生地の場合、一般的な60番のミシン糸ではなくもう少し太い30番という糸で縫製する機会が増えます。
ソーイングに慣れた方ならもちろんご存知の情報ですが、初心者の方やお裁縫をされない方には何の事だろう‥って
いう話題ですよね^^:。

要するに生地の厚みに合わせて縫う糸の太さも変えるんです。
編み物などもそれと一緒です。
毛糸の太さによって編み針の号数を変える‥ようなモノです。

基本は生地と同じ色合いの糸を使う方が縫い目も目立たないので良い場合もありますが、こういうカジュアルなモノの場合、わざと違う色の糸をつかってアクセントにする場合もあります。
それが今回のようなケースです。

IMG_0317_convert_20151029084554.jpg

IMG_0315_convert_20151029084507.jpg
黒デニムにカラシ色のステッチ、とても相性が良いと思います。
30番の糸は過去にはあまり持っていなくて、息子のパンツを作っていた際にポケットや裾のステッチに少々使う程度でした。
ところが最近、帆布などを使って作る機会が増えた事で30番糸を何色も購入しました。
これがなかなか楽しい♪
勿論、目立ってしまうので慎重にミシンを進めなければイケナイのですが、どんどん刻まれていくステッチが楽しくて‥。
結構今、病み付きです(笑)。

‥で病み付きついでに余り生地で作りました↓。
IMG_0320_convert_20151029084631.jpg
またかい‥というツッコミがきそうなほど作っていますね。
with tote。

IMG_0323_convert_20151029084938.jpg
こちらもステッチにカラシ色の糸を使っています。

IMG_0322_convert_20151029084709.jpg
いつも言ってますがこの三角マチがたまらない!ツボなカタチです。

IMG_0324_convert_20151029085009.jpg
でも今回は内布をちょっとガーリーなモノにしています。

IMG_0325_convert_20151029085037.jpg
外はハードですが内布は少しだけ優しく‥。
久しぶりにバリっとした硬い接着芯を使ってカッチリ作り上げました。

クタッとした感じもよかったですがこんなバリっとしたのも良いかな‥。
ステッチ作業、肩がこりますが楽しかったです^^。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wonderpokke.blog.fc2.com/tb.php/887-6dd87641
該当の記事は見つかりませんでした。