pokkeのあるくらし

ハンドメイドと雑貨、時々ウサさん。
MENU

色々な呼び名

IMG_2352_convert_20160216084200.jpg
ハ〜 アッタカイ♪

こんにちは^^。
ウサさん、今日も元気です。
外は寒いんですが、東向きに大きな窓のある我が家。
朝日が当たってこの場所が一番の特等席です。
子供達が登校した後の静かな部屋でのんびりくつろいでおります。

さて、今日は娘(小4)の学年行事「二分の一成人式」のある日。
そんなワケで先日作った記念品を持って(←クラス分持つとすごい重たいんですよ><。)午後から行ってまいります。

娘は上に兄がいるので所謂「下の子」なんですが、最初の子供と違って成長が非常に早く感じます。
いつの間にか10歳になった‥みたいな。

娘は産まれた時は股関節が開かない状態で、しばらくの間専用の器具を使って開くように固定されていたり、
3歳までは熱性けいれんをよく起こして救急車で2回運ばれたり‥とそれなりに手のかかる子でもありましたが
そこは2番目の子、母親の慣れなどもあってあっという間に今に至りました。

そんな事を思い出しながら、最近ふと思った事があって今日ここへ書いてみました。

皆様は周りの方から何て呼ばれていますか?

pokkeブログをお読みくださっている方は恐らく女性の方がほとんどだと思います。
そしてご結婚されている方がほとんどかな‥と。
そうでなかったとしても、今までできっと沢山の呼び名があると思うんです。

ワタシの旧姓は非常に珍しい名前です。
そのため子供の頃から名前よりも先に名字を覚えてくれる人が多く、大抵名字で呼ばれる事が多かったです。
名字をちょっと変形した呼び名ね。(←ありがちな事ですよね。)

でも結婚して今の名字になると昔からの友達以外はワタシの名前で〇〇ちゃん、〇〇さんに。
それほど親しくない方は名字で〇〇さん。

そして子供が産まれると主人や子供からは「ママ」に。

子供が幼稚園に行く世代には「〇〇ちゃんのママ」に。

一人の人間が色々な呼び名に変化していくんです。
面白い^^!
ワタシはずっと同じ人間なのに。

そしていつの間にか自分をすっかり「ママ」という事に慣れてしまい、自分の事を「ママ」と言っていました。

ところが、数年前から成長した息子がワタシの事を「ママ」と呼ばなくなってきました。
それは自然な事で、いつまでも「ママ」という呼び名に違和感を感じてくれてホッとしたのですが、
慣れ、というものは恐ろしいものでイザ自分では「ママ」以外の言葉が出ないんです(笑)。

なので最近の息子との会話は‥。
息子「あ、母さん。明日の部活は午後になったよ。」
ワタシ「分かった。明日はママも出かけるんだ。」

↑こんな感じ(笑)。クレヨンしんちゃん的?
しんちゃんはお母さんのみさえさんの事を「母ちゃん」と呼ぶのに対してみさえさんは「ママ」と言っていますよね。
それと同じかな‥と先日久々TVを見て思いました^^:。

10歳の娘ですら家の中ではワタシの事を「ママ」と呼んではいますが、先日お友達との会話では
「うちのお母さんがさ‥」
と言っているのを聞き、そろそろ呼び名もチェンジする頃なんだな‥と実感しました。

その頃には自分も「ママ」から「お母さん」と言う事に慣れておかなきゃ。
練習するかな(笑)。

IMG_2359_convert_20160216084230.jpg
その娘がつくった最近のお気に入り。
レゴで作った「マインクラフト」(笑)。

今日はハンドメイドは一切出ずじまいでした。ゴメンナサイ(汗)。
あ、でも先日のツキイチのセレモニーバッグ、製作はじめています。
完成までもうしばらくお待ちくださいませ。





スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wonderpokke.blog.fc2.com/tb.php/967-91bf0719
該当の記事は見つかりませんでした。