pokkeのあるくらし

ハンドメイドと雑貨、時々ウサさん。
MENU

裏地つきの巾着の作りかた

こんにちは^^。
ウサさんがかじって壊したカメラとPCをつなぐケーブル、無事に新しく買って来ました(笑)。
コード類をかじるのが大好きなウサさん。
いつも床の上に置かないように気をつけているのですが、最近は伸び上がって背伸びしてかなり
上のモノまで届いているので更に要注意です(汗)。

さて、今日は先日コメントいただいたのもありますが、裏地付きの巾着の作り方をご紹介致します。
裏地付の場合、作家さんや本によって色々な作り方が紹介されているのですが、今回はその中のひとつ。
比較的簡単だと思いますので、是非初心者さんもトライしてみてくださいね。

IMG_7576_convert_20150330140737.jpg
今回はシンプルな四角のペタンコ巾着の作り方です。

IMG_7561_convert_20150330140207.jpg
1、まず作りたい巾着のサイズに表布、裏布共に裁断します。
  そのさいに裏布のみタテの長さを4cmほど短く裁断します。
  ヨコサイズは表布と同サイズです。

IMG_7563_convert_20150330140331.jpg
  この4cmは巾着の紐を通す部分になりますので、あくまで目安の長さです。 
  通す紐の太さによって調節してくださいね。

IMG_7562_convert_20150330140304.jpg
 2、今回の場合は両方に紐を通すカタチですので両脇に開きを作ります。 
   表布は上から10cmを開けた所から、裏布はマイナス4cmで6cm開けた所から下を縫い代1cmで
   縫い合わせます。
  
   ワタシは底の部分を「わ」にした状態で作っていますが、底を「わ」にしない場合は底部分も
   1cmの縫い代で縫ってください。
   (三方向を縫う事になります。) 

IMG_7564_convert_20150330140402.jpg
    脇を縫って表に返した所です。
    アイロンを使って縫い代を割っておきます。
    (裏地は表に返さないでそのままで良いです。)

IMG_7567_convert_20150330140515.jpg
 3、表布、裏布を外表にします。(裏側同士を合わせます。)
   表(10cm)、裏(6cm)縫い残した開きの部分を合わせます。
   (この時上の部分は表地のみ4cm長くなり、裏地が短い状態で合わせます。)

IMG_7568_convert_20150330140544.jpg
 4、開き部分を「コの字」に縫い合わせます。
   その際になるべく生地の端を縫うと綺麗です。
   初心者さんで難しい場合はしつけをしておかれると良いと思います。

IMG_7572_convert_20150330140613.jpg
   これで表地と裏地が付きました。

IMG_7573_convert_20150330140643.jpg
 5、表地の4cm長い部分を三つ折りにして紐を通す部分を作ります。
   それで裏地と縫い合わせますのでしっかりと表地と裏地が固定されます。

IMG_7574_convert_20150330140710.jpg
  両脇から紐を通して完成です!


IMG_7577_convert_20150330140802.jpg
  裏地を付けると端処理もしなくて済みますし、ロックミシンの無い方でも綺麗に仕上げる事が出来ます。
  薄手の生地でも2枚重ねる事で丈夫になりますので是非お気に入りの柄で沢山作ってみてください。
  

   

ガーゼハンカチのつくりかた

毎日暑くて本当に外出するにも気合いのいるような天気です。
もうそろそろお盆休みもありますし、皆様旅行やレジャーの計画などある方も多いのではないでしょうか。

でも勿論お家で涼しくのんびりされる時もありますよね。
そんな時にお手軽キットでソーイングをはじめてみませんか?
ミシンを出したら30分ほどで完成できますよ^^。

IMG_3153_convert_20140803084943.jpg
昨日ご紹介したハンカチキットを使って作り方を説明致します。
ワタシはPC操作に疎いため、お見苦しい点はご容赦くださいね^^:。

1. 2枚のガーゼ生地を用意します。

IMG_3156_convert_20140803085047.jpg
2. 2枚を中表(表柄が内側)にします。
  片方の生地がチェックやドットなどの規則性のある柄の場合はそちらを上にして、
  チャコペンなどで出来上がり線を書くと正確な正方形が出来ます。
  あとから消えるタイプのチャコをお使いくださいね。
  真ん中の↑は生地の方向を示しています。
  小さいサイズなものなので方向はどちらでもお作りいただけると思いますが
  2枚の生地は同じ生地目(方向)を合わせると縫い易いです。

IMG_3158_convert_20140803085117.jpg
3. 2枚の生地がズレないようにピンを留めます。
IMG_3160_convert_20140803085148.jpg
  ガーゼ生地は縫いズレを起こし易い素材なので、不慣れな方は小さいサイズでもピンを使う事を
  オススメします。
  ピンは縫う方向に対して垂直に打っていくと良いと思います。

IMG_3154_convert_20140803085016.jpg
4. 本縫いをします。
  ミシン針は普通の11号を使っても良いのですが、ガーゼ生地を縫うのには先の丸い
  ニット用の針が向いています。
  糸は普通の60番のスパン糸で大丈夫です。

IMG_3164_convert_20140803084043.jpg
  返し口を少し残して周りを一周縫います。

IMG_3161_convert_20140803083936.jpg
  分かり易くするために赤い糸で縫っていますが、皆様は生地と同系色で縫ってくださいね。
  最初と最後は返し縫いをします。

IMG_3162_convert_20140803084005.jpg
  あとで表に返した時に角の部分が綺麗に仕上げるために四隅の角をこんな感じにひと針斜めに入れます。
  (角を少し取る感じです。)

IMG_3167_convert_20140803084150.jpg
5. 表に返します。
 
IMG_3168_convert_20140803084223.jpg
  先ほど角をひと目斜めにしておくと表に返した時に綺麗に仕上がります。 
  先は目打ちで整えます。

IMG_3169_convert_20140803084326.jpg
   返し口の縫いしろを中に折りこみます。

IMG_3170_convert_20140803084353.jpg
6. アイロンでカタチを整えます。

IMG_3173_convert_20140803084420.jpg
7. お好みになりますが‥。
 ハンカチの周りにステッチを入れて完成です。

このステッチをされない方は返し口を手まつりで閉じて下さい。
仕上がりにはお好みになりますが、そのままですとふんわり仕上がりますし、ステッチを入れると
しっかり仕上がります。

pokkeはいつも端から2ミリの所にぐるっと一周ステッチをしています。
そうするとお洗濯にも耐えられて丈夫に仕上がると思います^^。

長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。
ソーイングに慣れた方にはわざわざ読むほどの事ではなく申し訳ありませんが、
これからソーイングはじめようかな‥と思っていらっしゃる方に是非きっかけに
なっていただければ幸いです^^。

このカテゴリーに該当する記事はありません。